不動産仲介手数料

 

不動産仲介手数料とは、不動産会社に不動産(土地・建物)の売買を依頼して契約が成立した場合に支払う成功報酬になります。従って売主と買主の間で契約が成立していない場合は、不動産会社に不動産仲介手数料を支払う必要はありません。不動産仲介手数料の金額は、不動産(土地・建物)の売り出し価格ではなく、契約が成立した時の成約価格をもとに計算します。

 

例えば、3,100万円で売り出した中古マンションが3,000万円で契約が成立した場合、成約価格は3,000万円になります。不動産仲介手数料はこの成約価格3,000万円をもとに計算します。

 

不動産仲介手数料の計算方法

 

不動産仲介手数料は、成約価格に応じて宅地建物取引業法で定めらた下記の表を使って求めます。

 

宅地建物取引業法で定められた不動産仲介手数料の計算方法

 成約価格 報酬額(税抜)
成約価格の内200万円以下の金額分に対して ①の金額 × 5%
成約価格の内200万円を越え400万円以下の金額分に対して ➁の金額 × 4%
成約価格の内400万円を越える金額分に対して ③の金額 × 3%
  ※仲介手数料は消費税の課税対象なので、別途消費税がかかります。

例)中古マンションが3,000万円で成約した場合

      この3,000万円を上記の表に当てはめると
         ①  200万円(200万円以下の金額)
         ➁  200万円(200万円を越え400万円以下の金額) 
         ③ 2,600万円(400万円を越える金額)

 

      次に、これを計算式に置き換えると

         ① (200万円×5%) + ➁ (200万円×4%) + ③ (2,600万円×3%)

 

      上記を計算すると

         ① (10万円) + ➁ (8万円) + ③ (78万円) = 96万円

 

      上記の結果に消費税を加えると、不動産仲介手数料が求まります。

         960,000円 + 消費税(960,000円×8%) =  1,036,800円

 

上記以外に、下記の速算という方法でも不動産仲介手数料を求めることができます。

計算結果が同じで式が単純であるため、速算の方が広く一般的に利用されています。

 

速算を使った不動産仲介手数料の計算方法

 成約価格 報酬額(税抜)
成約価格が200万円以下の場合 成約価格 × 5%
成約価格が200万円を越え400万円以下の場合 成約価格 × 4% + 2万円
成約価格が400万円を越える場合 成約価格 × 3% + 6万円
  ※仲介手数料は消費税の課税対象なので、別途消費税がかかります。

例)中古マンションが3,000万円で成約した場合

      ③ 3,000万円×3%+6万円+消費税  =  1,036,800円

 

 

速算を利用しても大丈夫?!

 

報酬額の率(%)に着目してください。 

 

宅地建物取引業法で定められた計算方法では、

 

200万円以下の金額                        5%
200万円を越え400万円以下の金額    4%
400万円を越える金額                     3%

                                                   

                                                  ここです! 全て3%にして計算した方が単純ですよね。
                                                  そして、その差は下記のように別で計算します。

                                                   ↓

200万円以下の金額                        3%      200万円 × 2%(5%と3%の差) = 4万円

200万円を越え400万円以下の金額    3%      200万円 × 1%(4%と3%の差) = 2万円

400万円を越える金額                     3%

                                                   

                                                   成約価格が400万円を越える場合は、

                                                   常に4万円と2万円の差が生じます。これをまとめると
                                                   成約価格×3%+4万円+2万円 となり、
                                                   これに消費税を加えると下記の速算の式が求まります。
                                                              ↓
成約価格が400万円を越える場合は、成約価格×3%+6万円 + 消費税 = 不動産仲介手数料

 

つまり、速算は宅地建物取引業法で定められた計算方法を上記の方法で単純化した計算方法で
どちらで計算しても同じ不動産仲介手数料を求めることができます。

このため単純化された速算が広く利用されているのです。

 

不動産仲介手数料シミュレーション

 

下記の「成約価格」に金額を入力し、「不動産仲介手数料 計算」ボタンをクリックすると

不動産仲介手数料が計算できます。「成約価格」は1万円単位で金額を入力してください。
1,000万円以上でのカンマ入力は不要です。

 

       成約価格: 万円   

 

            

 

 

不動産仲介手数料早見表

成約価格 不動産仲介手数料 内税
速算
  100万円      54,000円   4,000円    100万円 × 5%             + 消費税
  200万円    108,000円   8,000円    200万円 × 5%             + 消費税
  300万円    151,200円  11,200円    300万円 × 4% + 2万円 + 消費税
  400万円    194,400円  14,400円    400万円 × 4% + 2万円 + 消費税
  500万円    226,800円  16,800円    500万円 × 3% + 6万円 + 消費税
  750万円    307,800円  22,800円    750万円 × 3% + 6万円 + 消費税
1,000万円    388,800円  28,800円  1,000万円 × 3% + 6万円 + 消費税
1,500万円    550,800円  40,800円  1,500万円 × 3% + 6万円 + 消費税
2,000万円    712,800円  52,800円  2,000万円 × 3% + 6万円 + 消費税
2,500万円    874,800円  64,800円  2,500万円 × 3% + 6万円 + 消費税
3,000万円 1,036,800円  76,800円  3,000万円 × 3% + 6万円 + 消費税
3,500万円

1,198,800円

 88,800円  3,500万円 × 3% + 6万円 + 消費税
4,000万円

1,360,800円

100,800円  4,000万円 × 3% + 6万円 + 消費税
4,500万円

1,522,800円

112,800円  4,500万円 × 3% + 6万円 + 消費税
5,000万円 1,684,800円 124,800円  5,000万円 × 3% + 6万円 + 消費税
7,500万円 2,494,800円 184,800円  7,500万円 × 3% + 6万円 + 消費税
       1億円 3,304,800円 224,800円 10,000万円 × 3% + 6万円 + 消費税