引越しチェックリスト

すぐにすること

  チェック 内容 備考
  旧居:管理会社または家主に連絡

マンションなどの場合は、引越しで騒がしくなるため引越し日を管理人または管理会社に連絡する。また、賃貸の場合は家主または賃貸管理会社に解約通知する。

  新居:管理会社に連絡

マンションなどの場合は、引越しで騒がしくなるため引越し日を管理人または管理会社に連絡する。

  転校届

転校は早めに学校に連絡し、転校先を探す。特に、各種証明書の発行には時間が掛かるため1か月前には連絡する。また、試験や面接がある学校は準備しておく。

幼稚園・保育園は、園に連絡して在園、在学証明を発行してもらう。

小中学校は、在学証明書・教科書給与証明書を発行してもらう。

高校は、在籍証明書、成績証明書或いは単位修得書、在籍校校長の転学照会書を発行してもらう。

  駐車場解約

1か月前(契約内容で異なる)には駐車場の契約先へ解約手続きをする。

  新居のチェック

引越し車両の通行(道幅)と駐車スペース、引越し荷物搬入経路、間取りと家具配置を確認。エレベーターに荷物が入るか、入口や廊下に荷物が通るかも確認する。

  引越し業者予約

荷物はまとめなくても相手はプロなので見積もりしてもらえます。引越しが集中する時期は希望日に予約できない場合があるので、早めに見積もりをして予約する。

※引越し業者は価格やサービス(荷造りの有無など)がかなり違うので複数見積もりを取る。(引越し費用を押さえるなら引越し業者の空いている日にする。)

※ダンボールは引越し業者からもらえる場合がある。

組み立て式家具で木にネジで直接穴をあけて止めるタイプの家具は、解体して運搬してくれない場合があるので注意してください。理由は、再度組み立てる時にネジの穴が広がりネジが止まらないことがありトラブルになるからです。

  粗大ごみ処分

引越しが集中する時期は希望日に予約できない場合があるので、早めに予約する。

※弊社でも手配できます。

  大型家電処分

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの処分は、買ったお店か買い換えるお店でお金を支払って引取ってもらう。

※弊社でも手配できます。

  電話、通信プロバイダー、の移転手続き 引越しが集中する時期は工事が集中して希望日に予約できない場合があるので、早めに予約する。
  箱詰め 使わないものから早めに箱詰めする。
  転居連絡 友人・知人に連絡する。※ハガキの場合は早めに作成しておく。

10日前までにやること

  チェック 内容 備考
  郵便物など転送手続き 郵便局は、転送届を投函するかネットで手続き。クロネコメール便は業者に連絡。
  定期購入連絡 定期購入(新聞、雑誌、通販、食材宅配サービス、牛乳など)している会社に連絡。
  新居レイアウト作成 家具の配置を決める。レイアウトは引越し業者にも渡す。

1週間前までにやること

  チェック 内容 備考
 

電気の移転手続き

電話かネットで手続き。
  ガスの移転手続き 電話かネットで手続き。※閉栓、開栓は立ち合いが必要。
  水道の移転手続き 電話かネットで手続き。※マンションで水道代を徴収している場合は、管理人または管理会社に連絡する。
  NHKの手続 ネットで手続き。
  ペットの手続  保健所に印鑑を持参して届出。

前日までにやること

  チェック 内容 備考
  冷蔵庫 コンセントを抜き、移動で水漏れしないように霜などを取り除く。
  家電 配線をまとめる。
  貴重品整理 常に持ち運べるようにカバンにまとめておく
  最終荷物整理

当日、翌日に使うものをまとめておく。※洗面・風呂用具、着替えなどは忘れずに。

  石油ストーブ 灯油を抜いておく。
  新居:室内写真撮影 入居前の写真を撮影しておく。※思い出用や証拠写真として。
  旧居:バイク(125cc以下)の住所変更 同一市区町村ないでの引越しは、転入届を提出することで自動更新。違う市に引越す場合は、役所で廃車申告書、ナンバープレート、標識交付証明書、身分証明書、印鑑を提出する。

当日にやること

  チェック 内容 備考
  旧居:近隣あいさつ 近隣にあいさつする。
  旧居:荷物搬出 引越し業者の作業。
  旧居:ガス閉栓 ガス閉栓立ち合い。
  旧居:部屋のチェック 忘れ物がないかチェックする。※特に棚の奥などに忘れ物が多い。
  旧居:室内写真撮影 部屋を明け渡す最後の写真を撮影しておく。※思い出用や証拠写真として。
  旧居:ブレーカー ブレーカーを落とす。
  旧居:鍵返却

部屋や郵便受けなどの鍵は、不動産売却の場合は後日買主に、賃貸の場合は家主または賃貸管理会社に鍵を渡す。不動産売却で郵便受けが暗証番号の場合は暗証番号を買主に伝える。

  新居:管理人あいさつ

管理人にあいさつする。

  新居:近隣あいさつ 特に両隣と上下の部屋には、引越しの騒音や今後のお付き合いもあるのであいさつすることをお勧めします。粗品を渡すとなおよいです。
  新居:ブレーカー ブレーカーを上げる。
  新居:荷物搬入 引越し業者の作業。
  新居:ガス開栓 ガス開栓の立ち合い。
  新居:水道 電話かネットで手続き。※マンションで水道代を徴収している場合は、管理人または管理会社に連絡する。

当日以降にやること

  チェック 内容 備考
  転出届、転入届

役所に印鑑を持参して転出届を提出。マイナンバーカード、国民年金、国民健康保険、老齢年金、乳児医療、児童手当、印鑑証明などの手続も同時おこなう。

※他の手続で使う住所変更後の住民票なども取得しておく。

※転出届は転出日以降しか手続きできません。

※同じ市内であれば、転入届を提出することで転出届を提出したことになり手続きの手間が省けるケースがある。

  転入の手続 役所で転入届を済ませた後、教育委員会で転入学通知書を受け取る。指定の学校へ在学証明書・教科用図書給与証明書・転入学通知書を提出する。
  各種免許の手続 最寄りの警察署か免許センターで免許、住民票、印鑑を持参して住所変更をする。
  パスポートの手続 住所変更だけであれば手続き不要。
  二輪車、自動車 役所で住所変更してから15日以内に、新居の所管の陸運支局へ、車庫証明、住民票、印鑑を持参して住所変更をする。
  旧居:バイク(125cc以下)の住所変更 役所で住所変更してから15日以内に、廃車申告受付書、住所確認できるもの(免許書の写しなど)、印鑑を役所に持参してナンバープレートをもらう。
  金融機関の手続 電話かネットで住所変更をする。※NISA加入時はマイナンバーカードや免許書などの写しを後日郵送。
  証券会社の手続 電話かネットで住所変更をする。※マイナンバーカードや免許書などの写しを後日郵送。 
  クレジットカード

電話かネットで住所変更をする。

  NHKの手続 ネットで住所変更をする。
  ペットの手続  役所、保健所で住所変更をする。